岩槻街道(本郷通り)

 東京大学本郷キャンパスの前を走る本郷通りを、言問通りと交わる本郷弥生交差点付近から本郷 3丁目方面を向いた風景です。向かって左が東京大学・本郷キャンパスです。
本郷通り


 本郷通りは江戸時代には「岩槻街道」とも「将軍御成道」とも呼ばれていました。

振り返って駒込方面へ向かう本郷通りの風景です。
岩槻街道


 本郷弥生交差点付近から撮影していますが、「弥生坂(鉄砲坂)」に書かれているように、この手前の交差点(言問通り)は明治になって作られた道路で、江戸時代にはありませんでした。
 約 50メートル位先に本郷追分(三叉路)があります。左へ分かれる道は旧白山通りです。信号があり、ちょうどトラックが出てきた場所が本郷追分です。信号の右側は東京大学・弥生地区(農学部)正門です。


岩槻街道(将軍御成道)

 この街道は、江戸のころ将軍が日光東照宮にお参りする時に通る道であることから「将軍街道」といわれ、重要な道路のひとつであった。人形の町・岩槻に通じている道で「岩槻街道」という。現在の東京大学農学部前の本郷追分で、旧中山道とわかれ、駒込へと直進し、王子〜岩淵を経て荒川を渡り、岩槻へと向かう。
 将軍は、江戸城を発ち、岩槻に一泊し、さらに古河城、宇都宮城に泊まって日光に入ったといわれている。将軍がこの街道を通る時の警備は厳重で、沿道に住む人達は、たいそう不自由な思いもしたという逸話が残っている。現在の名は「本郷通り」である。

 平成元年 3月     文京区教育委員会

  • LINEで送る

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/361

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2006年8月30日 20:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「平井履物店」です。

次のブログ記事は「Ponia-pon」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築