坂下平和地蔵

由来の記

 昭和 20年(1945)3月 4日朝、アメリカ空軍 B-29によって、この地域の千駄木・谷中に多数の爆弾が投下され、大きな被害を受けました。死者 500人以上といわれています。
 この地には、銭湯「鹿島湯」があり、石灰貯蔵庫を防空壕に入っていた赤ちゃんを含む 23人の方が犠牲になりました。
 昭和 34年(1959)、この方々の冥福と戦争を二度と起こさぬことを誓い、近所の人々によって、この地蔵尊が建立され、「坂下地蔵尊」と命名されました。

 平和地蔵尊を守り戦争体験を語り継ぐ懇談会
  坂下平和地蔵    古い街並みが比較的多く残るこの地域について、『すぐ近くの東大が、爆撃の標的からはずされていたから、谷中界隈も爆撃から逃れた。』という話を聞きます。それが真実なのかはわかりませんが、まったく空襲の被害を受けなかった訳ではありませんでした。   ■ 地域雑誌「谷中・根津・千駄木」 80号 ・特集/六十年めにやっと聞けた わが町の空襲 (2005年7月20日発行) http://www.yanesen.net/backnumber/080/  
  • LINEで送る

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://kokoronoboss.com/mt/mt-tb.cgi/349

谷根千ウロウロ - 66years ago (2011年3月 4日 20:19)

66年前。 昭和 20年(1945)3月 4日。午前 9時前。小雪がちらつく寒... 続きを読む

コメントする

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このブログ記事について

このページは、管理者ウが2006年8月16日 16:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おせん」です。

次のブログ記事は「降ったり晴れたり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築