百花繚乱

経王寺の藤

経王寺[きょうおうじ]、本堂脇の[ふじ]。背景には日暮里駅東口に次々と建つ高層ビル。
経王寺の藤

長屋のジャスミン

三崎坂沿い、「アフリカ市場 タムタム」並びの長屋。舗道に芳香を漂わせながら咲き誇るジャスミン。
三崎坂

 
長屋のジャスミン

桜吹雪

 谷中方面から JR日暮里駅・北口へ伸びる御殿坂。週末には満開を迎えて、あとは吹く風に任せて花びらを散らせるばかりです。
御殿坂

桜吹雪

 谷中方面から JR日暮里駅・北口へ伸びる御殿坂。週末には満開を迎えて、あとは吹く風に任せて花びらを散らせるばかりです。
御殿坂

スポットライト

 藪下通り、日医大病院の塀に咲く"Y字"ヤマザクラの樹の下へすっぽりと入り、見上げてみますと、桜の花と葉が幾層にも重なり青空を覆っています。
山桜

 
その隙間を縫い、あちらこちらから木漏れ日が入り、スポットライトのようにいくつかの花々を照らしていました。
ヤマザクラ

旧・安田楠雄 邸の枝垂桜

 先週(2009年 3/28)に行われました「旧安田楠雄邸 しだれ桜と薩摩琵琶の夕べ」は見られませんでしたが、昨年の同イベント時と比較しますと、今年の枝垂桜の枝ぶりは、ずいぶん間引かれてしまったようです。
花曇の4/1、昨年ほどの豪華さは見られませんでしたが、それでも 2Fの客間から見える枝垂桜は見事な姿を垣間見せてくれました。
旧安田邸

 
次回、公開日の 4/4(土)は、今年一番の見頃かもしれません。
旧安田邸の枝垂桜

 
■ 旧・安田 楠雄 邸
開館日: 水・土
開館時間:10:30 - 16:00 (入館: 15時まで)
入館料(維持修復協力金): 大人 ¥500、中高生 ¥200、小学生以下 無料(保護者同伴)
お問い合わせ: NPO法人「文京歴史的建物の活用を考える会」
電話 03-6303-1110
FAX 03-3818-1165
住所: 文京区千駄木 5-20-18
 
東京メトロ 千代田線「千駄木」駅下車 団子坂口から徒歩 6分
東京メトロ 南北線「本駒込」駅下車徒歩 20分
JR「西日暮里」or「日暮里駅」下車 20分
B-ぐる「特養ホーム千駄木の郷」下車 1分
--
* 見学は素足厳禁(お忘れの方は邸内で靴下をご用意しています: 200円) 

アケビ豊作

赤い途端塀の家に実ったアケビの木の実。
アケビ

 
アケビを食べた記憶がないのですが、美味しいのでしょうか。
サイタ質店

 

七面坂の柿の木

七面坂に面した、四季折々の花や実をつかせる古い民家から生えている柿の木です。
七面坂

 
釣り鐘型の柿の実で、房のようにまとまって実を付けていました。
柿の実

路地の豆柿

 小さな鉢植えや苗木が、思いの外大きく育ち、いつのまにか屋根を越える、という話をたまに聞きます。
根津の路地に枝を広げたこの豆柿もその一本です。
根津の路地


この時期になると沢山の実を付け、鳥に啄まれたり、熟しきってしまって、路地に沢山の実を落とします。この家の方は「(道に落ちてつぶれた豆柿の実の)掃除が大変。」と仰っていましたが、路地に枝葉を広げる木々は雰囲気があってよいなあ、と思います。
豆柿

境界なき果樹園

 根津の細い路地。住宅の脇から伸びた樹は、電線の上を跨いで、向かいの建物の屋上で、たわわに実を付けていました。
路地


そもそも植物に垣根も境界もあってないようなもので、キウイフルーツの樹は自由気ままに細く長く、陽の光だけを頼りに、空へ向って伸びていくのです。
キウイ


隣のビルの屋上で、たわわに実ったキウイフルーツの実。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち百花繚乱カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは名所旧跡です。

次のカテゴリはオブジェです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築