名所旧跡

高村光雲遺宅

* 公開はされていません。
光雲遺宅


高村光雲(こううん)・豊周(とよちか)遺宅

 高村光雲(1852〜1934)は、浅草の生まれで、旧姓中島。仏師高村東雲の門で木彫を学び、師に認められてその姓を継いだ。
 明治 23年(1890)東京美術学校(現芸大)の創設と同時に教授、帝室技芸員となり、以後 30余年にわたり、多くの後進を指導した。明治木彫会の中心として、伝統的木彫の正統を伝えた。代表作に「老猿」「西郷隆盛像」や「楠公像」などがある。
 明治 25年(1892)に下谷からこの地に移り、昭和 9年に歿するまで、42年間住んだ。
 詩人・彫刻家の高村光太郎(1833〜1956)は、光雲の長男で、大正 3年(1914)長沼智恵子と結婚と同時に、ここから近くの千駄木 5-22-8へ転居した。
 鋳金家の高村豊周(1890〜1972)は、光雲の三男で、家督を継いだ。昭和8年(1933)東京美術学校(現芸大)教授となり、鋳金家協会をつくりその会長となった。「藤村詩碑」や「鼎(かなえ)による花入れ」などの作品があり、日本芸術院会員や「人間国宝」に推された。また昭和 39年(1964)新年御歌会始に召人となった。光雲の遺宅跡に、昭和 33年(1958)に住宅を新築し、昭和 47年(1972)に歿した。

 昭和 62年 3月     文京区教育委員会

所在地: 千駄木 5-20-6

吾輩が猫である

 夏目漱石旧居跡に建つ橘桜会館(日本医科大学同窓会館)の塀にある猫像。
塀伝いに歩く
  

吾輩が「吾輩は猫である」のモデルになった"猫"をモチーフに作られた、猫である。                  
猫の像

猫の家(夏目漱石旧居跡)

 日本医科大病院そば。現在は記念碑と猫のオブジェがあるだけですが...。
記念碑

夏目漱石旧居跡

 夏目漱石、本名・金之助。慶応 3年〜大正 5年(1867〜1916)。小説家。この地に、漱石がイギリス留学から帰国後の、明治 36年(1903)3月〜39年(1906)12月、現在の西片 1丁目に移るまで、3年 10ヶ月住んだ家があった。(家主は東大同期の斉藤阿具氏)
 当時、東京帝大英文科、第一高等学校講師として教職にあった漱石は、この地で初めて創作の筆を執った。その作品『吾輩は猫である』の舞台として、"猫の家"と呼ばれ親しまれた。
 この地で、『倫敦塔(ろんどんとう)』『坊っちゃん』『草枕』などの名作を次々に発表し、一躍文壇に名を顕した。漱石文学発祥の地である。
 漱石が住む 13年程前の明治 23年 10月から 1年余り森鷗外が住み、文学活動に励んだ。鷗外は、ここから団子坂下の観潮楼へ移っていった。
 二大文豪の居住の地、漱石文学発祥の地として、近代文学史上の重要な史跡である。旧居は、愛知県犬山市の「明治村」に移築保存してある。
 平成 7年 3月     文京区教育委員会

指定: 区指定史跡
所在地: 文京区向丘 2-20-7


橘桜会館(日本医科大学同窓会館)館内 1Fロビーに関連資料が展示されています。
橘桜会館

上田邸(旧 忍旅館)

 水月ホテル鷗外荘の並びにあります。

 上田邸は以前、忍旅館として営業しており「花園町(現在、池之端)の白さぎ城」と親しまれた。建築当時こうした洋館は珍しく、見学者が耐えなかった、といわれている。
 この建物は木造建築であり、モルタルに目地を切って石壁風にみせた外壁や窓上部などに共通のデザインはあるが、窓の付け方やイオニア式をはじめとする柱に各層独自のデザインを取り入れた外観となっている。 1階から 3階の各層は階段状にセットバックしているので、3階建ての上に塔屋が乗っていても圧迫感がないことも特徴のひとつである。

 平成 12年 3月     東京都生活文化局

060223.jpg


■ 上田邸(旧 忍旅館)
所在地: 台東区池之端 3-3-19
設計者: 不詳
建築年: 昭和 4年(1929)
東京都選定歴史的建造物

境稲荷神社と弁慶鏡ヶ井戸

 東大池之端門の横に境稲荷神社と弁慶鏡ヶ井戸があります。
051205ido2.jpg


境稲荷神社と弁慶鏡ヶ井戸

 境稲荷神社の創建年代は不明だが、当地の伝承によれば、文明年間(1469 〜1486)に室町幕府第九代足利義尚が再建したという。「境稲荷」の社名は、この付近が忍ヶ丘(上野台地)と向ヶ丘(本郷台地)の境であることに由来し、かつての茅町(現、池之端1、2丁目の一部)の鎮守として信仰をあつめている。
 社殿北側の井戸は、源義経とその従者が奥州へ向かう途中に弁慶が見つけ、一行ののどをうるおしたと伝え、『江戸志』など江戸時代の史料にも名水として記録がある。一時埋め戻したが、昭和 15年に再び掘り出し、とくに昭和 20年の東京大空襲などでは多くの被災者を飢渇から救った。井戸脇の石碑は掘り出した際の記念碑で、造立者の中には当地に住んでいた画伯横山大観の名も見える。

 平成 6年 3月     台東区教育委員会

場所:台東区池之端 1-6-13

1  2  3

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち名所旧跡カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは建物です。

次のカテゴリは百花繚乱です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築