名所旧跡

サトウハチロー旧居跡

 現在は駐車場となってしまった、サトウハチロー旧居跡です。築 70年にもなる旧居は、サトウハチロー没後に、およそ 2年をかけて修復された後に「サトウハチロー記念館」として開館されました。
サトウハチロー旧居跡


サトウハチロー旧居跡
 本名は佐藤八郎(1903〜1973)詩人・童謡作家。
 小説家佐藤紅緑[こうろく]の長男として、明治 36年(1903)市谷薬王寺前町に生まれた。大正 5年(1916)小日向台町小学校を卒業し、早稲田中学に入学した。この頃から詩を書き始め、16歳のとき西条八十に師事し、詩を学んだ。大正 10年(1921)『金の船』や『少年倶楽部』などに童謡を発表し、大正 15年(1926)に詩集『爪色の雨』を発刊、詩人として歩み始めた。
 昭和 12年(1937)上野桜木町から向ヶ丘弥生町に移った。週一回の、詩の勉強会"木曜会"が開かれ『木曜手帳』が刊行されたのも、この地である。
 昭和 52年(1977)自宅の一階を改装して記念館が開館され、原稿や愛用品が展示されたが、記念館は平成 8年(1996)岩手県北上市に移った。
 庭の一隅に、童謡『ちいさい秋みつけた』に歌われた"はぜの木"があったが、平成 13年(2001)10月礫川[れいせん]公園[春日 1-15]内に移植された。

 平成 15年 3月     文京区教育委員会

□ 所在地:弥生 2-16


 記念館を運営されていた房枝夫人が亡くなられた後、紆余曲折を経て、現在は岩手県北上市に移りました。
 サトウハチローは作品である繊細で優しい詞のイメージが強いのですけれど、ご本人は風貌、人生ともに豪快な人でもあったようです。地域雑誌『谷中 根津 千駄木』45号の特集「サトウハチローが好き」のコピーが、とても印象が強いので引用させていただきます。

落第三回、転校八回、
勘当を言い渡されること十七回。
東京中の留置場は大概知っている。

おおらか、賑やか、駄法螺吹き
イタズラ、腕白、不良少年
気さく、大袈裟、新しもの好き

さびしがりやで惚れっぽい
大衆的でセンチメンタル 愛情に飢えるロマンチスト

サトーハチローの墓碑銘に
「ふたりでみると
すべてのものは着(ママ)しくみえる」
とある。
墓は雑司ヶ谷墓地にある。

『谷中 根津 千駄木』45号・特集「サトウハチローが好き」
より引用しました。

浅野侯爵家がいた証

 太平洋戦争の直前に浅野侯爵が浅野邸跡地を東京大学に移譲しました。(ほぼ、全域に近い)弥生 2丁目の大地主でもありましたが、戦後、昭和 23年(1948)農地解放のさなかに浅野家も土地を開放し、土地は住民に譲り、道路や空き地は物納したそうです。(「谷中・根津・千駄木」53号より)浅野家が地主であった頃の「跡」が異人坂の、V字折り返し石柱に見られます。
異人坂

博物館動物園駅跡

 国会議事堂のようなこの建造産津は、上野公園内、東京国立博物館の一角、黒田記念館の正面に位置する場所に、京成電鉄・京成本線の「博物館動物園駅」跡があります。
06062401.jpg

黒門

 上野公園内にあります、東京国立博物館に屋外展示されています。外観だけでしたら、このように平日でも館外から見ることが出来ます。(土曜日なので、門が開かれており、館内からならば門をくぐり、近くから造りをじっくり鑑賞することができます。
旧因州池田屋敷表門

開門日時: 土曜日・日曜日・国民の祝日

東臺門

 京成本線日暮里駅から京成上野駅の途中、上野桜木から地下(上野公園)へ潜るトンネルです。
京成電鉄


 トンネルには「東臺門[とうだいもん]」の扁額が掲げられています。何故、トンネルに門なのでしょうか?ずっと長い間、疑問でしたが、Wikipediaの「京成電鉄」の解説にはんな一文があります。


...(略)... 京成上野駅付近のトンネルは当時御料地であった上野公園の下を通過する事から御前会議にまでかけられたという話がある。

"京成電鉄"-出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(2006/06現在)

と、ありますがこのことと関係があるのでしょうか、、、。京成電鉄に問い合わせたところ、以下の内容の、丁寧な御返事を頂きました。

高村光太郎旧居跡

 こちらは旧跡案内のプレートがあるのみで、当時の面影を偲ばせるものは「跡形」も残っていません。
高村光太郎旧居跡


高村光太郎旧居跡

 彫刻家であり、詩人・歌人でもあった高村光太郎(1833〜1956)は、彫刻家高村光雲の長男として台東区下谷に生まれ、10歳の時にここからすぐ近く(現・千駄木 5-20-6)に移り、そこで育った。
 東京美術学校(現・東京芸大)彫刻家を卒業して欧米に留学、ロダンに傾倒する。詩人としては在学中「新詩社」に加わり、「明星」にに寄稿し、「パンの会」にも参加した。
 明治 45年(1912)に住居を父の家からこの地に移し、自分で設計した木造(外観は黒塗り)の風変わりなアトリエが完成した。以後、ここで数多くの彫刻、詩などの作品が生まれた。大正 3年(1914)長沼智恵子と結婚、昭和 13年(1938)死別後はひとりで暮らした。
 昭和 20年(1945)4月の戦災で住居は焼失し、岩手県花巻に疎開した。昭和 27年(1952)中野区桃園町の中西利雄のアトリエに仮寓。昭和 31年(1956)4月、73歳で没した。墓地は豊島区駒込の染井霊園。
 平成 7年 3月     文京区教育委員会

□ 所在地: 千駄木 5-22-8

宮本百合子ゆかりの地

宮本百合子ゆかりの地


宮本百合子ゆかりの地

 旧姓中条ユリ(1899〜1951)は明治 23年(1899)小石川原町(現、千石 2丁目)で生まれた。父は建築家で、札幌農学校の設計のため札幌に赴任した。そのため 3歳までその地で過ごし、後に上京し、一家はこの奥の地である旧駒込林町 21番に住んだ。
 駒込小学校、誠之小学校、お茶の水女学校から、日本女子大(英文予科)に進んだ。女子大 1年の時、毎年行っていた父方の郷里である郡山市郊外の農村を舞台にした小説『貧しき人々の群』を書き、天才少女と謳われた。女子大は一学期で退学し、作家生活に入った。
 大正 7年(1918)アメリカに留学し、留学中結婚したが、帰国後離婚した。その経緯を描いた『伸子』は代表作となった。昭和 2年(1927)ソ連に旅し、帰国後、日本プロレタリア作家同盟に加入した。昭和 7年(1932)に再婚し、昭和 12年(1937)中条ユリから宮本百合子に姓名を変えた。戦後、『播州平野』など多くの小説、評論、随筆を発表し、昭和 26年(1951)実家である千駄木のこの地で没した。
 このあずき色の門柱は実家、中条家の入り口の名残である。

 平成 13年 3月     文京区教育委員会

□ 所在地: 千駄木 5-20、21

森鷗外観潮楼跡

 藪下通りから見た「文京区立本郷図書館鷗外記念室」
藪下通りから

所在地: 千駄木 1-23-4

旧平櫛田中邸

旧平櫛田中邸


 彫刻家、平櫛田中(1872〜1979)の旧アトリエ兼住居です。
大正 9〜11年(1920〜22)? に横山大観、前田青邨、木村武山らの出資で建てられた伝統的木造建築だそうです。
 昭和 48年(1973)、氏の出身地である岡山県井原市に寄贈されて以来公開されず、近年は空き家となっており、地元の有志の方々が保存に努めています。時々、企画などで邸内が公開されることがあります。


参考リンク:
■ 言の問い(サスティナブル・アートプロジェクト 2004)
http://www.geidai.ac.jp/event/sustain/kotonotoi/
■ 言の伝え(サスティナブル・アートプロジェクト 2005)
http://www.geidai.ac.jp/event/sustain/

旧安田楠雄邸

 4/15に講演会を兼ねた見学会があったようですが、一般公開はもうしばらく先のようです。
旧安田楠雄邸


 平成 8年(1996)に安田家から寄贈をうけ、財団法人日本ナショナルトラスト(JNT)では平成15年より3カ年で建物の修復工事を行いました。平成18年度からはいよいよ庭園の修復に入ります。(谷根千ねっと・情報トピックスより: 2006/04/15)


 旧安田邸についてはたてもの応援団で詳しいです。


■ 財団法人日本ナショナルトラスト事務局
http://www.national-trust.or.jp/

■ たてもの応援団
http://www.toshima.ne.jp/~tatemono/

1  2  3

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち名所旧跡カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは建物です。

次のカテゴリは百花繚乱です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築