街のオブジェ

葉拓

 前夜の雨で、10月に貼り替えられたばかりの総合図書館東側の舗道は、枯葉の渋で染まった箇所と、雨前に積もった枯葉を掃いて出来た白抜きの葉跡で、儚い模様が作られました。
舗道

キングコングと純ちゃん

斜め向かいの「スカイ・バス・ハウス」に負けない存在感(つがった意味で)を放つ「岩城光房」。本日のディスプレイはスーパーマンの足下に小泉純一郎とキングコング。道の向こうにある交番からは警官がじ〜っとこちらを見ています。通りすがりのおばちゃんも思わず自転車を降りて、携帯電話でパチリ。パチリ。パチリ。
岩城光房

寒い...

 朝倉彫塑館の屋根の上。北国の皆さんに笑われそうですが・・・
寒い


寒さ身に沁む晩秋の朝。
朝倉彫塑館

硝子の境界

硝子


他者との境界 (2)」で紹介した建物は既にありませんが、西日暮里に別の"硝子の境界"がありました。
境界

なんちゃってステンドグラス

 家の隙間の小さな鉄門。
鉄の門塀

ステンドグラスもどきの割れたセルロイド板にはお家と汽車。
ステンドグラスもどき

四角ノムコウ

 諏訪台通り沿い「高橋宝飾」の外階段踊り場、正方形の四角い枠から誰かが遠くを眺めていたよ。
高橋宝飾

狛犬


 あかぢ坂上「 風呂猫アートハウス」の長方形の窓から誰かが遠くを眺めていたよ。
風呂猫アートハウス

窓

ぼんやりとぶら下がる

 過去の展覧会では雨に降られることが多かったため、ギャラリー Kingyo在廊時の暇を見つけては、てるてる坊主を作られていた「ぼんやり」の三名(コマツバラさん、サトウさん、ハシモトさん)。その甲斐あって、急に寒くはないましたが、週末までの会期中は雨の心配はなさそうですねー。
それにしても、微妙に動き続けて、三人いっぺんに正面を向いてくれなかった、、、。
てるてる坊主

蟹への助太刀

「もうしばらく待てば栗さんとと蜂さんが駆けつけます。そうしたら憎き猿への仇討ちの決行です。これまで力になってくれて本当に有り難う、臼さん。」


「今まで堪忍してきたが、もう我慢が出来ねえxxx・・・」
「ど、どうしたの?臼さん !? 」
「・・・あのなぁ、蟹さん。…

塀の上の人

塀の上の、いちばん左の人、足を滑らす。

麦わら帽子の犬

被った帽子がなんだか自慢げです。さぞかしお気に入りなのでしょう。
麦わらの犬

4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち街のオブジェカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはオブジェです。

次のカテゴリはDEEPな谷根千です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築