街のオブジェ

 不忍通り沿いにあります、「goldandbouncy[ゴールドアンドバウンシー] <http://www.goldandbouncy.com/>」のショーウィンドウに吊り下げられた、緑の鳥。
ゴールド&バウンシー


 Notting Hill[ノッティングヒル]は、英国・ロンドンの西部に位置する地区にあります。
「goldandbouncy(ゴールド&バウンシー)」の店主は、千駄木とノッティングヒルはとても似た雰囲気を持っている、と感じているそうです。

 千駄木は、山の手と下町が交差する地区で、それぞれの雰囲気と伝統と新しいものが融合して何か新しいム−ブメントが生まれつつあり、個人的にはロンドンのノッテイングヒルに似ていると思っています。
ですから店舗もノッテイングヒルにある雑貨屋さんをイメ−ジして作りました。

goldandbouncy[ゴールドアンドバウンシー] 店主


この視点にはとても新鮮に感じましたし、「goldandbouncy(ゴールド&バウンシー)」の、小さいながら洗練された店構えの秘密が少しだけ解き明かされた気がしました。
そして時々、店舗に飾られるこの緑のインコは、店主がノッティングヒルから連れ帰ったものなのだそうです。
goldandbouncy(ゴールド&バウンシー)


アクセサリーとレディースアイテムのセレクトショップ
goldandbouncy[ゴールドアンドバウンシー]
http://www.goldandbouncy.com/

営業時間: 11:30 - 20:00
定休日: 火曜
交通: メトロ千代田線千駄木駅  団子坂口より徒歩1分
  >> 文京区千駄木 2-33-6(Google)

・・・何かいる。

路地に怪しい人影。・・・"人"影じゃなさそうです。・・・
オシュハ








・・・見なかったことにしよう、っと。(あー怖かった...)

kiitosの看板

 オープン時は目立った看板もなくやや地味だった、レディースファッション&北欧雑貨の「 kiitos[キートス]」に素敵な看板が付きました。
kiitosの看板1 kiitosの看板2


店舗の入り口側には店名。外側には「kiitos(キートス)」のシンボルマークがデザインされています。
kiitos

制作は「nido」に依頼されました。ステンドグラス独特のガラス間を繋ぐ鉛による枠線が見えないので、とても柔らかく透明感があります。「kiitos(キートス)」のイメージを十二分に表現する技術と構成力は「nido」の真骨頂ですね。


kiitos[キートス]
http://kiitos-shop.com/
営業時間: 11:30 - 19:30
休業日: 月

 店舗前に駐車スペースがある為にちょっと奥まって、路地からは見えにくいちょっとC.A.G.[セー アー ジー]ですが、店舗前には目印代わりとなる、「C.A.G.」のロゴが入ったコーンが立てられました。
C.A.G.


そもそも駐車スペースですからコーンは付きものですし、円錐形が"帽子"に見えなくもありません。なかなかお洒落で目立ちますし、ステンシル・タイプの「C.A.G.」ロゴが生きていますね。

幸せを運ぶ黄色い鳥

C.A.G.[セーアージー]」に入荷した、イダ マイコさんの新作は「幸せを呼ぶ黄色い鳥」。イダさんお得意のアシンメトリーな人形は、左右の素材や色が違うために見る角度によって表情が違います。
鳥


左目は、鳥型のボタンで出来ています。そして左羽根は黄緑の針金だったり・・・。
黄色い鳥

見晴らし列車・かいこ駅

この曲がり角の手前には、アンティーク人形専門店「懐古どぉる Micico」があります。曲がり角の先には、ヨーロッパ古着店「caikot*」があります。そしてこの曲がり角に斜めに寄り掛かった電信柱があり、そこには、いつも電車が停車しています。
コロラド先の曲がり角


ですからそこは、見晴らし列車の「かいこ駅」。
かいこ駅

参考リンク: アーティスト淺井裕介さんの日記「今日は今日」より~
■ 電線の電車(今日は今日
http://d.hatena.ne.jp/asaiyusuke/searchdiary?word=%2a%5b%C5%C5%C0%FE%A4%CE%C5%C5%BC%D6%5d

SONOMITSU CARPET

 ギャラリー「ふくふく猫」跡に準備中なのは、ハンドメイド靴「そのみつ」の新店舗、「YELLOW SONOMITSU(イエロー そのみつ)」。店舗としての正式オープンはゴールデンウィーク明けだそうですが、 4/26(土)、27(日)の二日間だけ一箱古本市 week企画展(池内美絵 作品内覧会)で使われます。
Yellow sonomitsu


この準備中の「YELLOW SONOMITSU」に敷かれていたのは、革の端切れ(...と呼ぶには大きいですが。)で作られた、カーペット。手描きで店名と足跡が描かれています。
そのみつカーペット


正式に採用されるのか、わかりませんが目立ちますねえ。
カーペット

本を読み聞かせする猫

 路地裏の美容室「みね」。窓辺に飾られた置物「じょじょねこ」に本を読み聞かせするネコ。
みねの窓辺

トーキョー ハト バイク

 トーキョーバイクギャラリーに、昨年(2007)の谷中芸工展において制作・展示された、はとペインティング・バージョン・トーキョー・バイク。このスペシャル・バイクがまだ展示されている、と以前から聞いていたので、今更ながら見に行ってきました。
トーキョーハトバイク


■ TOKYO BIKE.COM(トーキョーバイクギャラリー)
http://www.tokyobike.com/

■ ハトゴヤ
http://hatogoya.pupu.jp/

竜をつかまえた

網にかかった龍。
龍

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

イベント・レポート

アーカイブ

カテゴリ

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち街のオブジェカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはオブジェです。

次のカテゴリはDEEPな谷根千です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ネコ温度計

リンク:サイト構築